ポトス育成日記。気根と男根の違いとは。

Share!

★お知らせ★

新ブログ「モフログ」を開設しました! 今後は「モフログ」で活動しますのでぜひご覧ください!

MOF

こんにちは。もふまんです。

きっと「ポトス」というキーワードで見て下さっている方は女性の方が多いかと思いますが

タイトルから卑猥で不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ございません。

不快な思いをさせてしまったお詫びにこちらの温泉の画像をご覧になり、是非癒されて頂ければ…と思います。

gara (9)

こちらはドライブに行った時、立ち寄った家族湯になります。

ハート型の浴場、さらにイルミネーションもとてもきらびやかでホッと優しい雰囲気をしていますね。

湯加減もちょうど良く、時間を忘れて浸かってしまいそうです。

gara (8)

こちらの温泉は湯の特性上、稀に人型の湯気が出てまいりますが

その姿を見れたお客様は子宝に恵まれるとの伝説もございます。

gara (7)

人型の湯気は時折、楽し気に遊んでいるように見えることもあると先代の店主から伺っております。

等の私は、まだ見たことはございませんがお話しを伺う所によりますと

湯の「ちゃぷちゃぷ」と湯船に入っていく音も可愛らしい笑い声に聞こえるそうですよ。

いったいどんな姿をしているのでしょうね。

gara (6)

また浴場には屋根も付いておりますので

雨の日は雨宿りついでにお風呂を楽しまれてはいかがでしょうか。

雨の粒が地面に落ち、跳ねる音

とろっとしたお湯が湯船に入る音

そのお湯からふわっと身を包みこむ湯気

とても風流で心安らぐ時間をすごせることでしょう。

gara1 (2)

もし人型の湯気が見えた。という方がいらっしゃいましたらFacebookやTwitterなどでシェア頂けると、変態の異名を手に入れることが出来ますので是非、お試し頂ければと思います。

シェアはボタンは当ページの上、下に設置致しておりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ポトス。切断の儀。

さて、本題に入りましょう。

カテゴリにも入れたりなんかしちゃいまして観葉植物…というか植物の育成にハマりつつある僕なのですが、先日このような記事を書きました。

IMG_2794
前回:強く生きろ。ポトスのように。

この記事にはポトスを育成するきっかけになったお話し。ポトスを枯らしてしまったお話しなど僕の罪深さが分かってしまうので読まなくても結構です。

すでにこちらの画像は愛するゆえに切断後。の画像となりますがもともとは1本のポトスさんでした。

IMG_2796

みえますか?この枝分かれしてるとこに黒いつぶつぶがあるの。

IMG_27961

凛々しく書いちゃいましたが、このつぶつぶが気根。と呼ばれるものです。

ようは根っこの赤ちゃんみたいな感じで、ここから根っこが生えてくるらしいです。

触ったらガチガチなので正直ここから根っこ生えてくるなんて想像できません。

この気根の下の方を切断して、水栽培をします。

IMG_2794

水を入れる器はちょっとおしゃれなのが良いなー。ふふふ。

という気持ちになったので100円ショップでお洒落なグラスを買った結果

グラスが小さすぎてかなりブサイクになりました

計画性ってほんと重要ですね。

水を腐らせないように毎日、水を新鮮な物に変えましょう。

僕はめんどくさかったので2、3日おきに交換しました。

それでも最初は葉っぱが丸まっていたのが次第に元に戻っていくのですよ。目に見えて回復が分かるのはとても楽しいです。

はやく根っこでないかなー。楽しみだなー。

1週間後

ネットではだいたい5日で根っこ生えてきます。

と書かれてあったのでワクワクした気持ちで見てみましたが、まだ根っこは出ていませんでした。

日陰に置いておくのが悪かったのかと思い、日が当たる窓際に置くことにしました。

2週間後

やっべー。すっかり水替え忘れてた。

腐ってないと良いなー。

IMG_2797

キッモ!!!!

なにこれ!なにこれ寄生虫!?

だなんて思いが一瞬だけ脳をよぎりましたが、手の行き届いた水替えの甲斐があり無事根っこを出すことに成功しました

なんか尋常じゃなく長いの出てました。

この1本だけじゃなく、切断したほとんどの枝に根っこがでていたので水差し成功ではないでしょうか。愛情もって育てた甲斐がありますね。

IMG_2801

そしていつの間にか新しい葉っぱも出ています。もう親心満載で幸せです。

かわいい。可愛すぎんだろ。

IMG_2797

だいたいこのくらいの長い根っこがでたらもう鉢植えしても大丈夫らしいので、次回は鉢植えにチャレンジしたいと思います。

目指せ、プラント男子。

fin


MOF

ポトスの育成を初めてから
毎日様子を見るのがとても楽しみになりました。
手入れはほとんどしなくても良いみたいなので
めんどくさがりの人には持って来いの観葉植物です!
あなたも始めてみては?

前回:強く生きろ。ポトスのように。

次回:そのうち更新します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

Share!