あの花が実写ドラマ化。なぜこの作品なんだ。

Share!

★お知らせ★

新ブログ「モフログ」を開設しました! 今後は「モフログ」で活動しますのでぜひご覧ください!

あの花

恐れていた事態が起きてしまった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない

主人公は何をするにも一生懸命。持ち前の明るさで仲間を引っ張る、宿見 仁太(じんたん)
メインヒロインは誰にも優しく接することのできる、唯一の癒し系。本間 芽衣子(めんま)
めがねっ子でツンデレ。あだ名が大人目線だと非常に危ない。安城 鳴子(あなる)
坊主でみんなの弟分、お調子者な愛されキャラ。久川 鉄道(ポッポ)
頭がよさそうな雰囲気全開、愛すべきイケメン。松雪 集(ゆきあつ)
冷静沈着、絵を書くのが好きでサイドテールがキュート。鶴見 知利子(つるこ)

上記6人で結成される超平和バスターズは皆仲良しで、よく山で遊んだり、ゲームをして遊んでいた。
しかし、その幸せな時間も長く続くことは無く終わりを迎えることになる。
めんまが山で事故に合い、そのまま帰らぬ人となるのだ。このことがきっかけとなり、超平和バスターズはバラバラになってしまう。

それから6年の月日が流れる。めんまを救えなかったじんたんは高校生になっても未だにそのことを吹っ切れないで、学校に通わず家に引きこもっていた。そんなある夏の日、じんたんの目の前にめんまの幽霊が現れる。

しかし、めんまはじんたんの前に現れる理由を覚えておらず。その「理由」を探すためにじんたんは超平和バスターズに再び関わっていくが6年の月日はメンバーに深い溝を作っていた。メンバーは仲良しに戻ることが出来るのか。めんまがじんたんの目の前に現れた理由とは。

とにかく泣けるから見てない人は見ないと夏を100%楽しめませんよ。

思い出は綺麗なままで残したい

正直、実写ドラマ化はして欲しくなかったですね。このアニメは俗にいうオタクじゃなく一般層にも広く浸透したアニメであり、完全オリジナルのストーリーはまるで実写ドラマそのもの。
アニメにしか出せない良さというものを最大限に高め作り上げた作品なんじゃないでしょうか。主題歌のチョイスも最高です。もうティッシュ1箱じゃ足りないくらいに泣いたし、続きが気になりすぎて2chの考察スレに入り浸ってましたよ。
おっと、熱がはいっちまったぜ。

あなるの行方。

もう黒歴史になる予感しかしない。

そもそもあなるどうすんの。ゴールデンでもあなるって言っちゃうの。

ゆきあつの女体化はどうなんの

ゴールデンでもやっちゃうの。ゆきあつ女体化しちゃうの。

コスプレイヤーのイベントにしか見えない

頑張って似せた感はあるんですけどね。それがコスプレにしかみえない。コスプレすんのはゆきあつだけで十分。

否定する気満々だったけど意外と楽しみかも

なんかいろんな意味で楽しみになってきた。

ドラマは今年中にフジテレビ系でゴールデンタイムに放送されるとのこと。

良い意味で期待を裏切ってくれる作品に仕上がることを祈るばかりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

Share!